2019.11.12

 
アクセリードが参画する
「潜在疾患マーカー同定による新規創薬基盤技術のフィージビリティ研究」が
AMED事業に採択
 

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の令和元年度 「次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業(患者層別化マーカー探索技術の開発)」に、アクセリードが参画する「潜在疾患マーカー同定による新規創薬基盤技術のフィージビリティ研究」が採択されました。
 
本研究は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所を代表機関とした、武田薬品工業株式会社、第一三共株式会社、アステラス製薬株式会社、東京大学大学院医学系研究科、東京大学大学院情報理工学系研究科、株式会社ヒューマノーム研究所、特定非営利活動法人バイオ計測技術コンソーシアム(JMAC)との共同プロジェクトであり、標準化された複数の中間表現型の定量的分析結果を総合して得られる潜在疾患マーカーを用いた患者層の病態理解から創薬につなげる、全く新しい創薬モデルを実証することを目指しています。当社は、網羅的メタボローム解析を通して本研究に貢献してまいります。
 
AMEDホームページ:https://www.amed.go.jp/koubo/06/01/0601C_00063.html
経済産業省関連ライフサイエンス統合データベースポータルサイト:
 https://medals.jp/project_list/list1.html
 
 
Axcelead Drug Discovery Partners 株式会社
事業推進
〒251-0012 神奈川県藤沢市村岡東二丁目26番地の1
E-mail:info@axcelead.com