微量検体を活用し、創薬研究初期から肝・腎障害を評価

わずか20 μlの微量検体を最大活用!

1) AST: Aspartate aminotransferase, ALT: Alanine aminotransferase, GLDH: Glutamate dehydrogenase
2) Cre: Creatinine, UN: Urea nitrogen.

創薬初期から肝障害を見極めることが重要です

肝障害マーカー(AST・ALT・GLDH)測定に必要な検体量

お客様の課題解決に必要なサポートのご提案

3) ICH: International Council for Harmonisation of Technical Requirements for Pharmaceuticals for Human Use.

マウス急性相反応タンパクの比較(使用許諾:取得済み(PS00208))
n.s.: Not significantly different from the vehicle group by Student’s t-test. Significantly different from the vehicle group; ** p<0.01 (Student’s t-test).

細胞治療や遺伝子治療など多様なモダリティー創薬で用いられる遺伝子組み換え実験由来のタンパク質評価についてもご相談ください。