免疫疾患領域

部門名統合トランスレーショナル研究
募集職種名統合生物 免疫疾患領域 研究職
職種の目的および職務内容・免疫・炎症疾患領域における in vitro (各種免疫細胞の機能解析、活性化評価等 ) および in vivo 薬効薬理試験(各種動物 で の Flow cytometer: FCM を用いた Immunophenotyping、免疫疾患モデルを用いた薬効薬理試験、PK/PD 試験等)の研究計画立案、試験実施、データ解析、報告を主導する。
・薬効薬理部門の代表として社外や社内他部門のメンバーで構成されるプロジェクトチームに参画し、顧客やステークホルダーと議論・交渉の上、試験の立案・提案・実施を担う。
・国内外の学会・講演会等への参加を通して、免疫・炎症疾患領域での人的ネットワーク構築や新規技術導入を図るなど、事業の拡大に向けた業務を担当する
応募資格・条件【学歴︓必須要件】
・医学や薬学、それに関連した生物学系の Ph.D. (M.D.) あるいは修士卒の方。
【職務経験等︓必須要件】
・製薬会社もしくはヘルスケア関連会社において、免疫・炎症疾患領域での前臨床研究について 6 年以上の実務経験がある方。
・免疫・炎症疾患領域における基本的な知識を有しており、in vitro および in vivo 試験、特に FCM を用いた各種解析の実務経験のある方。
【職務経験等︓望ましい要件】
・創薬研究に精通しており、特に免疫・炎症疾患領域における創薬研究のプロジェクトのリーダーもしくはコアメンバーの経験がある方。
【専門性︓望ましい要件】
・免疫・炎症領域の研究における in vivo の薬効薬理試験および immunophenotyping など FCM での解析に精通している方。
・定量的 PCR や Western blotting など生化学的解析の経験がある方。
・がん領域での研究の経験もある方。
【言語︓必須要件】
・日本語での意思疎通や science 面での深い議論ができ、技術文章の作成能力を有する方。
【言語︓望ましい要件】
・英語によるコミュニケーションと技術文章の作成能力を有する方。
【その他︓必須要件】
・他者とのコミュニケーションを円滑にとることができる。
雇用形態正社員
職位主任研究員(一般社員)
応募職種の部下の数なし
募集人数1 名
募集部門からのメッセージAxcelead Drug Discovery Partners 株式会社は、日本の製薬業界では初の総合的創薬ソリューションプロバイダーです。医薬品創出に関わる国内外の製薬企業、バイオベンチャー、アカデミアや公的研究機関など多種多様なプレーヤーの皆様に対し、創薬エコシステムのハブとして最適なソリューションとサービスの提供、幅広い疾患領域において初期探索研究から候補化合物の最適化、さらには臨床開発への橋渡しのプロセスまでワンストップショップサービスを提供しています。
統合トランスレーショナル研究部門は、免疫疾患をはじめ、がん、消化器疾患、心循環・代謝性疾患、中枢性疾患等の疾患領域専門性に基づく薬理評価、探索的薬物動態、探索的安全性評価、各種オミクス解析、バイオインフォマティクス、遺伝子改変動物、分子病理評価を担当するプラットフォームテクノロジー等、創薬における統合評価を担い、それぞれが密接に連携しながら多様な角度からソリューションを提供しています。
本ポジションにおいては、増加し続けている免疫疾患領域の依頼案件に対応するとともに、特に他社より秀でた Axcelead 社の強みである、Immunophenotyping をはじめとする FCM を用いたサービスの積極的な受託拡大に貢献を期待しています。また、拡大しつつあるマーケットニーズに応えることで、ビジネスの拡大増強にも貢献いただきます。免疫疾患領域の将来を支えるとともに、幅広い顧客の皆様のパートナーとして、創薬のパラダイムシフトの一翼を担っていただける方を募集しています。
その他入社希望時期︓2020 年 11 月以降のできるだけ早い時期
日本で唯一の創薬ソリューションプロバイダーであり、かつ、様々な顧客の方のニーズに答えていく必要性がありますので、専門性・経験を有するだけでなく、いろいろな事に自ら積極的にチャレンジしていくことが好きな方を希望します。